« Androidアプリをlinuxのコマンドラインでビルドする(CentOS7 64bit) | メイン | Androidアプリをlinuxコマンドラインでビルド(CentOS7.3 32bit) »

Android

Androidアプリをlinuxコマンドラインでビルド(CentOS6.9 64bit)

前回、CentOS7 64bit + openjdk1.8 + Android Studio Command line tools(sdk-tools-linux-4333796.zip) OK。 しかしミニマムインストールの CentOS6.9 64bitに同様のインストールするとビルドに失敗する。
:app:mergeDebugResources
AAPT err(Facade for 464201322): /opt/android-sdk/build-tools/25.0.2/aapt: /lib64/libc.so.6: version `GLIBC_2.14' not found (required by /opt/android-sdk/build-tools/25.0.2/aapt)
GNU Cライブラリ(glibc) が古いことが原因。
yum info glibc
2.12
https://developer.android.com/studio/ によれば動作要件は
GNU C Library (glibc) 2.19 or later
前回 CentOS7 64bitでは 2.17 で一応ビルド成功している。 様々なlibc関連の情報が見つかり ソースからのメークも試したものの、最終的には...▼
2.15 のパッケージインストール
https://unix.stackexchange.com/questions/360551/problems-running-glibc-2-14-on-rhel6
wget http://ftp.redsleeve.org/pub/steam/glibc-2.15-60.el6.x86_64.rpm
wget http://ftp.redsleeve.org/pub/steam/glibc-common-2.15-60.el6.x86_64.rpm
wget http://ftp.redsleeve.org/pub/steam/glibc-devel-2.15-60.el6.x86_64.rpm
wget http://ftp.redsleeve.org/pub/steam/glibc-headers-2.15-60.el6.x86_64.rpm
rpm -Uvh glibc-2.15-60.el6.x86_64.rpm glibc-common-2.15-60.el6.x86_64.rpm glibc-devel-2.15-60.el6.x86_64.rpm glibc-headers-2.15-60.el6.x86_64.rpm
で成功。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7675

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)