« オリジナルスクリーンセーバー | メイン

Android

スクリーンセーバーの参考となる古いサンプル

https://android.googlesource.com/platform/packages/screensavers/WebView/+/master/
の WebView-master.tar.gz を展開・コンパイルすると、「&~; がない」、「head がない」、「body がない」など不思議なエラー。
C:\Users\taro\AndroidStudioProjects\ScreensaverWeb\app\src\main\res\assets\default.html
Error:(20, 22) Error: エンティティ"ldquo"が参照されていますが、宣言されていません。
Error:Execution failed for task ':app:mergeDebugResources'.
> C:\Users\toshi\AndroidStudioProjects\ScreensaverWeb\app\src\main\res\assets\default.html:20:22: Error: エンティティ"ldquo"が参照されていますが、宣言されていません。
原因は・・・▼
htmlファイル などを配置する assetsフォルダ を
app/src/main/assets
とすべきところ
app/src/main/res/assets
となっていたこと。
 このサンプル、最初のスクリーンセーバー起動でブラウザからURLの共有をせよとのローカルHTML表示される。
 ブラウザのURL共有では
「Dream URL」 クリックに応答しないWEB View
「Dream URL (Interactive)」 クリックに応答するWEB View
2つの選択肢が現れ、タップで設定&完了トーストを出すだけの Activity が起動。
 android.service.dreams.DreamService.setInteractive()やインテントの受け取り方も参考に。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7665

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)