« 仮想環境で動画キャプチャ | メイン | Android音声合成の基本形 »

Android

Android7 の x86版 を仮想環境にインストール

前提環境は次の組み合わせ。
android-x86_64-7.1-r1.iso / Windows 7 / Virtualbox 5.0.10
android-x86_64-7.1-r1.iso / Windows 10 / Virtualbox 5.1.30
文末でエクスポートイメージをプレゼント!
一通りの流れは...▼
仮想マシンの作成開始。

メモリは 1G ではストレスを感じるほど遅かった為 2G に変更。

デフォルト

デフォルト

デフォルト

デフォルト



フロッピーは不要、ポインティングデバイスを「PS/2マウス」へ変更。

android-x86_64-7.1-r1.iso を指定。



オーディオコントローラーを「Intel HD オーディオ」へ変更。

アダプタタイプを「PCnet-FAST III」へ変更。

WiFiがなくとも有線として認識される。
ホストオンリーネットワークとNATの組み合わせでも可能。
縦長画面の方が動作が速かった為、設定後ここでコマンドラインから解像度を変更する。
android-x86_64-7.1-r1.iso の場合は
"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" setextradata "android7.1-r1" "CustomVideoMode1" "360x640x16"
android-x86_64-6.0-r3の場合は
"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" setextradata "android6.0-r3" "CustomVideoMode1" "360x640x32"

インストール開始。





2T超の補助記憶は使わない為 GPTは不要。

New

Prinary

デフォルト 全領域。

Bootable

Write

yes



Quit

OK

ext4

Yes でフォーマット。

Yes で GRUB をインストール。

どちらでも良い?



リブートする前に ここで isoイメージを強制マウント解除。



Reboot

ここからは縦長画面を利用するためのパラメータの確認。
e

e

vga=ask を追記。

b

ENTER

360

一旦、シャットダウン。

再び起動したらデバッグモードを選択。
ここから デフォルトで縦長画面を利用するための設定。

mount -o remount,rw /mnt

viエディタで /mnt/grub/menu.lst を編集。
vi /mnt/grub/menu.lst

1つ目の起動メニュー末尾に

上記の縦長画面パラメータ360(16進)を10進表記で
vga=864
を追記して保存。

exit
再起動。
reboot -f

通常起動後、androidの設定 → About tablet へ。

Build number を7回クリック。

戻り 追加された Developer options へ。

Stay awake をオンにしてスリープ無効に。
(スリープしたら最後 二度と解除されないらしい?)

Alt+F1 でコンソールに切り替えifconfigなどで割り当てられたIPアドレスを確認可能。
Alt+F7 で戻る。

出来上がったイメージ → android7.1-r1.ova

インポート後 インターネットにつながらない場合、MACアドレスを更新してみましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7648

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)