« 仮想環境で動画のクロップ | メイン | 英語ニュース自動ダウンロード 仕様変更2 »

Android

スマートフォンを内線電話のように使う

Windows7上のVirtualBox Version5.0.10 で RedHat 64ビット仮想環境を作成。
ネットワークはブリッジアダプターとし、その他はデフォルトの設定値。
http://www.asterisk.org/downloads/asterisknow
から
AsteriskNow-1013-current-64.iso
をダウンロードし、仮想環境のストレージ→光学ドライブへ指定後 起動。
Centos6系同様にインストールし、ネットワーク設定にLAN内の固定IPを指定。

これだけでAsteriskは稼動済み。ブラウザで http://アスタリスクサーバIPアドレス/ をアクセス。
Index
FreePBX Administration を選択
Dashboard
Apprications → Extension(内線)
Extension010
+ Add Extension → Chan_SIP
Extension020
内線電話(スマートフォン)の数だけ、User Extension(ユーザー内線)へ内線番号、Secretへパスワードを入力してSubmit(送信)を繰り返す。
最後に右上の ApplyConfig(設定適用) をクリック。
Extension030
Android2.3以降の標準電話アプリに上記で追加した 「内線番号@アスタリスクサーバIPアドレス」ポート番号5160を設定。以下はNexus5の例。
Nexus5 Android6

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話

Nexus5 標準電話
WiFi経由のスマートフォン同士はもちろん *60 Speaking Clock(時報)、*68 Wake Up Calls(モーニングコール) なども日本語で応答する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7616

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)