« linuxでメール送信設定 | メイン | Ethnaでキャプチャ認証を利用する »

UNIX

CentOS 5.6 で VirtualBox 拡張機能を追加

古いサーバーの仮想環境を構築することに。
VirtualBox 上の CentOS release 5.6 (Final) に拡張機能を追加して共有フォルダを使えるようにする。

前提環境
VirtualBox 5.0.10 r104061
$ uname -r
2.6.18-407.el5
...▼
Guest Additions CDイメージをセットし
$ sudo mkdir /mnt/cdrom
$ sudo mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom/
$ sudo /bin/sh /mnt/cdrom/VBoxLinuxAdditions.run
下記はOSインストールパッケージ「Server GUI」のときの成功例。
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 5.0.10 Guest Additions for Linux............
VirtualBox Guest Additions installer
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
Building the shared folder support module                  [  OK  ]
Not building the VirtualBox advanced graphics driver as this Linux version is
too old to use it.
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Starting the VirtualBox Guest Additions                    [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Could not find the X.Org or XFree86 Window System, skipping.
NG がある場合は、メッセージに従い
$ sudo cat /var/log/vboxadd-install.log
を参照してエラー原因を確認。

OSパッケージ未指定のミニマムインストールでも
$ sudo yum -y update kernel*
$ sudo yum -y install kernel-devel-2.6.18-407.el5
$ sudo yum -y install gcc
を追加インストール後、再び VBoxLinuxAdditions.run で全て OK に。
あとはユーザー admin で使用できるようにして完了。
$ sudo usermod -G vboxsf admin

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.remix.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7496

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)