« 2007年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

2008年09月01日

ディスクレスサーバーに

SD→IDE変換ボード(SDHC対応!余ったSDカードをSSD化!!)
 WEBサーバーのような24時間稼動しなければならないハードウェアで最も壊れやすいのはハードディスク。
 ハードディスクは高速大容量で安くなる一方、ファンが止まると目玉焼きができそうなほど発熱。
 そこでおすすめなのが、SD→IDE変換ボード。ハードディスクに負けず劣らず値下がり大容量化がすすむSDカード。ある意味エコかも。

2008年09月02日

WEB上の画像が更新されない

 サーバー上の画像ファイルを変更してもブラウザでは最新の画像ファイルに切り替わらない現象。
 これはブラウザの実装によるもので、同じファイル名の画像だとローカルキャッシュが表示され続けてしまうため。

 header("Cache-Control: no-cache, must-revalidate");

 header("Cache-Control: private");
などをHTMLドキュメントのレスポンスヘッダーに出力する例が見つけられるが、画像のリクエストに対するレスポンスに出力する必要がある。

 <img src=imag.jpg?2008010123596099>
smartyなら
 <img src=imag.jpg?{$smarty.now}>
のように?に続けて変化する文字列を付加することで、ブラウザは異なるリクエストと解釈するので効果がある。ただし、MSではパフォーマンス低下を理由に推奨していないとおり、これでは同じ画像にもかかわらずキャッシングされなくなる(http://support.microsoft.com/kb/246960/ja)。

 本来の目的通り、そのファイルの最終更新時刻を付加すればよい。smartyなら
 <img src=imag.jpg?{$nameFileImage|filemtime}>
これでファイルの更新タイムスタンプでユニークになり負荷を抑えられる(ファイルが必ず存在するものとする)。

2008年09月03日

php+スマーティ開発に必須本!

Smarty入門
PHP+テンプレート・エンジンでつくるMVCアプリケーション

お勧めのPHPユーザー必読書

2008年09月04日

テンポラリーファイルのクリーンアップ

「/home/admin/xyz 以下(サブディレクトリも含む)で、作成されてから1日以上経過した末尾が「.tmp.jpg」のファイルを削除したい」

find /home/admin/xyz -name *.tmp.jpg -ctime +1 -exec rm {} \;

rm `find /home/admin/xyz -name *.tmp.jpg -ctime +1`

前提OSはlinux
read/write権限をもつ操作

2008年09月06日

アクション配列でアクション切り替え

ethna で、編集中のフォーム内に増減するアイテムなかから1つを処理するアクション。
ポリシーとして、クライアント依存する javascript は使わない。
他にフォームの入れ子はNG

例えば、ショッピングサイトの買い物カゴ

送付先 商品101 商品102 商品103

同時に複数削除できるが、1つずつ削除する構成にするには

続きを読む "アクション配列でアクション切り替え" »

About 2008年09月

2008年09月にブログ「remix.gr.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年08月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34